Keep On Pushing ‼︎!

今年スケジュールした田植え作業が全て終了しました。 一時はどうなるかと思った時もありましたが、なんとか気候に恵まれギリギリセーフです。


平日に休暇を取り、ふと天気予報を見ていると、どうやら雨が来るらしいと言うではないですか。 しかも大雨。 豪雨に暴風雨というから、「ここしかない」と思い、前夜から準備を始めた。 豪雨の暴風雨の前夜に心をウキウキさせているのは久しぶりに思える。 学校が休みになり、好きなテレビやゲームや漫画三昧という子供の時以来のウキウキか。 それとは違う、高揚感みたいなものか。


少し早い朝を迎え空をカーテン越しに覗くと、まだそう降り込んでいる雰囲気はない。 雨は9時を過ぎると次第に音を大きく変え、いつもは涼やかな小川の水はゴォーっと音を立てるようになっていた。


雨の中、無心になって作業を進める。 静かな里山の中、今日は人影もなければ虫や鳥などの声もない。 いつもは頭の上を飛び交っていく、飛行機もない。 耳に響くのは雨の音だけだ。 一人佇む。


草を刈り、耕運機を回し、土を寄せ、畔にクロを塗り、田の水を逃がさないように作業を続ける。 作業開始から4時間。 やり遂げた。


仕事は少しプレッシャーがかかるくらいが丁度いい。素直にそう思うことができる時でした。

最新記事

すべて表示

災害と二拠点居住

一時は一世を風靡したかのように見えた「ハビテーション」、 「二拠点居住」、「デュアルライフ」という新種の言葉。 都市と地方を行き来するというような意味で使われるようになった言葉で、ローカライズに携わる人たちが繰り広げてきたキーワードたちである(何か他人事のようないいぐさだが、僕もよく使うキーワードであります)。 どちらかというとスタイル化する前に耳に慣れしてきたことで、新しさに欠けて来た感が否めな

農業から学ぶいろいろなこと

9月は収穫の時期。 農家にとって春に植えた作物が生育して収穫を向かえる楽しみな時期がこの時期である。 台風については前回も書いているので割愛。 今年の収穫は、この地域で農業に関わる人にとってはいろいろな思いがあった、苦い収穫の時となった方も多かっただろう。 地域資源の最大化をすることがそもそもの天然村のミッションであると考える中、自身でも農業について実体験することを行ってきているが、農業から学ぶこ

国際ボランティアと台風 vol.2

9日のあの台風の日のことを思い起こして、書き溜めてみる。 その日の朝の予定をキャンセルして、持ち場である鴨川へ向かっていました。 10t級のトラックが道路で横転し、道を塞いで、後続の車が列を作っていた。 この台風の被害の凄さを知った最初の光景はそこから始まったのだ。 信号が止まり、いつもは真っすぐ向かっている信号機もあさってな方向を向き、電気が通じてる様子はない。 通常40分で到着するいつもの通勤

© 2018 天然村 tennenmura

 電話:04-7099-9002

 Email:tennenmura-toiawase@icom156.co.jp

  • Instagram
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon