見学

point0 worksを見学して、メンバー登録を済ませて来ました。 本当はただ見学するだけの目的だったのに気に入ってしまったという事でもあります。


Weworkの利用も経験済みですので実際のレビューはこれから使ってみて書いて行くことにしますが、そもそものコンセプトは利用する以前にWeworkとの違いみたいなものをはっきりと感じる事ができます。 運営には、多くの有名企業が協賛という形で入り、様々な技術提供などを行なっている得長があります。 その辺りのサービスの品質はアメリカンな感じとは違う、THE日本といういい品質を届けたいとする意識を凄く感じます。 特に象徴的なのは、集中部屋や、シャワー室と仮眠スペースの個室利用が可能である点など。 最新のテクノロジーがインプットされたセキュリティーシステム。 決済システムもストレスフリーです。 仕事環境を科学するというコンセプトこそが、ここpoin0の違いのようです。 今週は初のイベント参加もしてきます。 目的はイベント内容そのものではありません。 どんな人とまた会えるのか? この違いをまたWeworkなんかとも比較し楽しんで来ようと思います。

最新記事

すべて表示

災害と二拠点居住

一時は一世を風靡したかのように見えた「ハビテーション」、 「二拠点居住」、「デュアルライフ」という新種の言葉。 都市と地方を行き来するというような意味で使われるようになった言葉で、ローカライズに携わる人たちが繰り広げてきたキーワードたちである(何か他人事のようないいぐさだが、僕もよく使うキーワードであります)。 どちらかというとスタイル化する前に耳に慣れしてきたことで、新しさに欠けて来た感が否めな

農業から学ぶいろいろなこと

9月は収穫の時期。 農家にとって春に植えた作物が生育して収穫を向かえる楽しみな時期がこの時期である。 台風については前回も書いているので割愛。 今年の収穫は、この地域で農業に関わる人にとってはいろいろな思いがあった、苦い収穫の時となった方も多かっただろう。 地域資源の最大化をすることがそもそもの天然村のミッションであると考える中、自身でも農業について実体験することを行ってきているが、農業から学ぶこ

国際ボランティアと台風 vol.2

9日のあの台風の日のことを思い起こして、書き溜めてみる。 その日の朝の予定をキャンセルして、持ち場である鴨川へ向かっていました。 10t級のトラックが道路で横転し、道を塞いで、後続の車が列を作っていた。 この台風の被害の凄さを知った最初の光景はそこから始まったのだ。 信号が止まり、いつもは真っすぐ向かっている信号機もあさってな方向を向き、電気が通じてる様子はない。 通常40分で到着するいつもの通勤

© 2018 天然村 tennenmura

 電話:04-7099-9002

 Email:tennenmura-toiawase@icom156.co.jp

  • Instagram
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon