腰痛

痩せようといつも決意するのはいつもこの痛みを感じる時だ。


野球をはじめとする同年代のアスリート選手等が一線から退き、引退を決めるお年頃。

酒はザル。 美食故に大喰らいで肥えた先輩たちがかつて40を過ぎた辺りから急に健康思考になり、無理のないダイエットの話やら、腰痛に効くマッサージ方やら、痛風に効く薬やらの話で盛り上がるのを横目に、笑っていた頃。

体の痛みと向き合うその時。 自分の体がアスリートたちと同じと思っている訳ではないが、40を過ぎた有名選手の引退会見のその時。 そして、先輩たちのあの時の話が懐かしいなー、と思い返すあの時。 そういう時に、体の老いを感じているのだ。


久々に田んぼに戻って本格的に放棄地の耕作から始めた今年にずしっと体に重さを感じ、「こりゃダメだ」と思ったのがきっかけで僕のメンターとも良く話をし、痩せると決めたのが3月。 3ヶ月経った結果が-4kgなのでまずまずなのではあるが、自分としてはもう少し行っててもと欲が出てくる。 これがまたいかんのです。 焦りと欲。 これが最近、一番の闇だと心得ている。 が…知合いのドクターの話では「それくらいがいいペースですよ」と言うのだけれど、とにかくこの腰の痛みが引かない以上、もう少し頑張って痩せないと意味がないなーと焦る。

あー、痛い。 あー、痩せたい。 この繰り返しである。 ここぞともう一、もう二頑張りしなければいけない時期が近づいていて、無理をすれば後に残るし、じっとしてても治る訳でもない。 あぁー、腰痛辛い。

最新記事

すべて表示

災害と二拠点居住

一時は一世を風靡したかのように見えた「ハビテーション」、 「二拠点居住」、「デュアルライフ」という新種の言葉。 都市と地方を行き来するというような意味で使われるようになった言葉で、ローカライズに携わる人たちが繰り広げてきたキーワードたちである(何か他人事のようないいぐさだが、僕もよく使うキーワードであります)。 どちらかというとスタイル化する前に耳に慣れしてきたことで、新しさに欠けて来た感が否めな

農業から学ぶいろいろなこと

9月は収穫の時期。 農家にとって春に植えた作物が生育して収穫を向かえる楽しみな時期がこの時期である。 台風については前回も書いているので割愛。 今年の収穫は、この地域で農業に関わる人にとってはいろいろな思いがあった、苦い収穫の時となった方も多かっただろう。 地域資源の最大化をすることがそもそもの天然村のミッションであると考える中、自身でも農業について実体験することを行ってきているが、農業から学ぶこ

国際ボランティアと台風 vol.2

9日のあの台風の日のことを思い起こして、書き溜めてみる。 その日の朝の予定をキャンセルして、持ち場である鴨川へ向かっていました。 10t級のトラックが道路で横転し、道を塞いで、後続の車が列を作っていた。 この台風の被害の凄さを知った最初の光景はそこから始まったのだ。 信号が止まり、いつもは真っすぐ向かっている信号機もあさってな方向を向き、電気が通じてる様子はない。 通常40分で到着するいつもの通勤

© 2018 天然村 tennenmura

 電話:04-7099-9002

 Email:tennenmura-toiawase@icom156.co.jp

  • Instagram
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon