田舎の空家

最近また南房総界隈の不動産情報にアンテナを張ってみています。 以前からの人脈もあるので、物件がなくてということはありませんが、やはり目立つのは相続されない土地や建物の話が多いこと。 地方の場合、建物の多くは荷物置き場化(酷いものだとただのゴミ置き場)にされたものが多く、空家になるケースにはやはり「荷物の処分が大変で....」という話が多く目立つのも、特徴のように思う。 荷物の処分も、建物の解体にもそれなりにお金がかかるものなので、販売したときにこれらの費用を先に掛けてしまっていると販売をしても逆に赤が残ることもよくあり、これを懸念しそのままとするのが常態化する。 売りに出しているというので物件を見に行くが、多くの空家がこんな感じなので殆どの物件は荷物が残ったまま。 正直言って、きれいに整理された状態ではないので買い手の気持ちになると、この物件をどうするか?みたいな気持ちに上げてくれる要素がない。 これが空家の現状です。


これをを参考にこの空家や、地方の不動産について考えみると、最も重要な課題の捉え方が以前とは違うことに自分自身で気付くことがあった。 やはりヒントは、先に書いた空家には捨てられない荷物が多いというところにあるような....。 これについては考察しながら、続けて書いてみます。

最新記事

すべて表示

災害と二拠点居住

一時は一世を風靡したかのように見えた「ハビテーション」、 「二拠点居住」、「デュアルライフ」という新種の言葉。 都市と地方を行き来するというような意味で使われるようになった言葉で、ローカライズに携わる人たちが繰り広げてきたキーワードたちである(何か他人事のようないいぐさだが、僕もよく使うキーワードであります)。 どちらかというとスタイル化する前に耳に慣れしてきたことで、新しさに欠けて来た感が否めな

農業から学ぶいろいろなこと

9月は収穫の時期。 農家にとって春に植えた作物が生育して収穫を向かえる楽しみな時期がこの時期である。 台風については前回も書いているので割愛。 今年の収穫は、この地域で農業に関わる人にとってはいろいろな思いがあった、苦い収穫の時となった方も多かっただろう。 地域資源の最大化をすることがそもそもの天然村のミッションであると考える中、自身でも農業について実体験することを行ってきているが、農業から学ぶこ

国際ボランティアと台風 vol.2

9日のあの台風の日のことを思い起こして、書き溜めてみる。 その日の朝の予定をキャンセルして、持ち場である鴨川へ向かっていました。 10t級のトラックが道路で横転し、道を塞いで、後続の車が列を作っていた。 この台風の被害の凄さを知った最初の光景はそこから始まったのだ。 信号が止まり、いつもは真っすぐ向かっている信号機もあさってな方向を向き、電気が通じてる様子はない。 通常40分で到着するいつもの通勤

© 2018 天然村 tennenmura

 電話:04-7099-9002

 Email:tennenmura-toiawase@icom156.co.jp

  • Instagram
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon