優先順位を付ける

最終更新: 2019年5月14日

仕事を効率的に行う一つのセオリーに、やるべきことに優先順位を付けるというモノがありますね。 Doリストとしっかり向き合い、やることに意味を付けずにコツコツとやり続けるって言うアレです。 優秀な人で成果を確実に出す人たちはこれがよく出来る人達なワケで、一方私はこれが苦手だ。


苦手な理由を考えてみる。 単純に、意思が弱い。 それは、ある。 単純に、ナマケ癖がある。 これも否めない。 しかし、何か違う…。


そんなことを考えながら参加していたミーティングの最中に、ふと降りてきたこと。 「諦めたくないんだね」っていうのが一番しっくりときました。

優先順位を踏み間違えた結果、パシリと切られて終わることがある。 それがよくよくあって、何とかしていい答えを出そうとしていた矢先にパシリと来るものだから、いたためられなくなり不貞腐れることも良くあった(後から自分が原因と気付かされるものが殆どなのですが)。 何度も今度は同じ間違えを繰り返さないと心に決め、そしてまた繰り返す。 永遠に終わらない、ゴールのない、迷路。

ここに優先順位を付けるという、最初の話にまた戻って再度結論を書いていく。

さて、優先順位を付けるとは何か。


誰もが幸せになる最適な答えがあるはずに違いない。 そう思ってやることは素晴らしいことだ。 しかし、仕事はそれだけでは計れないことが多い。 諦めたくない…この気持ちが、順序を壊し、また繰り返していく。 今度は、間違えないようにしたい。


-noteより-

最新記事

すべて表示

災害と二拠点居住

一時は一世を風靡したかのように見えた「ハビテーション」、 「二拠点居住」、「デュアルライフ」という新種の言葉。 都市と地方を行き来するというような意味で使われるようになった言葉で、ローカライズに携わる人たちが繰り広げてきたキーワードたちである(何か他人事のようないいぐさだが、僕もよく使うキーワードであります)。 どちらかというとスタイル化する前に耳に慣れしてきたことで、新しさに欠けて来た感が否めな

農業から学ぶいろいろなこと

9月は収穫の時期。 農家にとって春に植えた作物が生育して収穫を向かえる楽しみな時期がこの時期である。 台風については前回も書いているので割愛。 今年の収穫は、この地域で農業に関わる人にとってはいろいろな思いがあった、苦い収穫の時となった方も多かっただろう。 地域資源の最大化をすることがそもそもの天然村のミッションであると考える中、自身でも農業について実体験することを行ってきているが、農業から学ぶこ

国際ボランティアと台風 vol.2

9日のあの台風の日のことを思い起こして、書き溜めてみる。 その日の朝の予定をキャンセルして、持ち場である鴨川へ向かっていました。 10t級のトラックが道路で横転し、道を塞いで、後続の車が列を作っていた。 この台風の被害の凄さを知った最初の光景はそこから始まったのだ。 信号が止まり、いつもは真っすぐ向かっている信号機もあさってな方向を向き、電気が通じてる様子はない。 通常40分で到着するいつもの通勤

© 2018 天然村 tennenmura

 電話:04-7099-9002

 Email:tennenmura-toiawase@icom156.co.jp

  • Instagram
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon